鎌倉手帳(寺社散策)

歴史めぐり源頼朝
〜丸御厨巡見〜







 石橋山の戦いに敗れ、1180年(治承4年)8月29日、安房国平北郡猟島(現在の鋸南町竜島)に上陸した源頼朝は、9月11日、先祖の源頼義が前九年の役の恩賞として手に入れた地(丸御厨)を巡見します。

 この地は、源義朝源為義から最初に譲渡された地でもあったようです。

 義朝は、1159年(平治元年)6月1日、子の頼朝の昇進を願ってこの地を伊勢神宮に寄進。

 その願いが叶って頼朝は6月28日に蔵人に任命されたのだとか。

 丸信俊の案内で丸御厨を訪れた頼朝は、昔を思い出して涙を流したのだといいます。

 そして、平家討伐の宿望を果たすことができたら、安房国に新しい御厨を立てて伊勢神宮に寄進するという自筆の願文をしたためたのだとか。



戻る
鎌倉入り



源頼朝







編集:yoritomo-japan.com


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)