中世歴史めぐり

信濃善光寺の経蔵

編集:yoritomo-japan.com







善光寺経蔵


 善光寺の経蔵は、1759年(宝暦9年)に建立された正方形の建物。

 内部には一切経を収めた八角の輪蔵が置かれ、中国南北朝時代の仏教信者で輪蔵を創始した傅大士(ふだいし)と伝教大師、慈覚大師の像が祀られている。

 輪蔵は回転させることによって一切経を全て読んだのと同じ功徳が得られるといわれている。



歴史めぐり源頼朝



信濃善光寺
リンクボタン信濃善光寺

 信濃善光寺の本尊「一光三尊阿弥陀如来像」は、三国渡来の絶対秘仏で、日本最古の仏像。
 鎌倉時代には源頼朝も参詣したと伝えられている。


長野県長野市元善町491

JR長野駅からバス「善光寺大門」下車。
善光寺大門から本堂まで徒歩15分。



中世歴史めぐり