鎌倉手帳(寺社散策)

裸形彫刻の仏像
=鎌倉時代の特徴的手法=

編集:yoritomo-japan.com







 裸像は鎌倉時代の特徴的な彫刻手法。

 鎌倉時代には、裸形像を造って新しい衣に着せ替え、生きている仏のように拝むという信仰が各地で見られたという。

 裸像に衣服を着せることによって完成する。


江の島裸弁財天
リンクボタン裸弁財天
(江ノ島)
鶴岡八幡宮・弁財天
リンクボタン裸弁財天
(鶴岡八幡宮)


延命寺裸地蔵
リンクボタン裸地蔵
(延命寺)


 他に青蓮寺の「弘法大師坐像」(鎖大師)、薬王寺の「日蓮像」も裸形の彫刻。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
献詠披講式 桜の開花・見頃情報
観桜会 鎌倉まつり
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜