鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

夏だ!休みだ!鎌倉だ!



駒形神社
〜寺分の鎮守:鎌倉〜

編集:yoritomo-japan.com







駒形神社


 祭神は、駒形大神(こまがたおおかみ)ということになっているが、地元では邇々芸命(ににぎのみこと)と伝えられてきた。

 古くより、農業の神として崇められ、治承年間、この辺りを領していた大庭景親が「天候不順が止むよう祈願した」と伝えられている。

 境内には、1822年(文政5年)の造られた弁財天(やぐら内)や、富士信仰の名残の石塔が置かれている。

 江戸時代までは、本尊として千手観音が安置されていたというが、現在は、中国風木造人形七体と木造神馬が安置されている。

 かつては、東光寺の管理下にあったという。






〜大庭景親〜

 大庭景親は、鎌倉権五郎景政を祖とし、景政の開発した大庭御厨を相伝した武将。

 1180年(治承4年)の源頼朝挙兵時には、石橋山の戦いで頼朝を破ったが、のちに頼朝に捕らえられ処刑された(参考:相模の武将「大庭氏」)。



駒形神社弁財天
弁財天
駒形神社稲荷社
稲荷社

駒形神社天満宮
天満宮
駒形神社浅間大社
富士浅間神社
の石塔


駒形神社
社殿の正面には富士山


リンクボタン世界文化遺産「富士山」

リンクボタン富士山本宮浅間神社


梶原と寺分の散策(okadoのブログ)







駒形神社
駒形神社

鎌倉市寺分1−10−12

湘南モノレール「湘南深沢駅」より徒歩4分



〜手広・笛田・梶原・寺分・上町屋・山崎の史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


夏だ!休みだ!鎌倉だ!


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編