奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



食 堂
京都:東寺(教王護国寺)

編集:yoritomo-japan.com







東寺食堂


 東寺(教王護国寺)の食堂(じきどう)の建立は、9世紀末頃だったといわれている。

 1930年(昭和5年)に火災により焼失するまでは、千手観音菩薩が本尊として安置され、その廻りを3メートルを越す四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)が守護していた。

 この火災によっていずれの仏像も損傷を受け、千手観音像は修復後、宝物館に安置されている。

 現在は十一面観音菩薩が安置され、損傷した四天王が守護している。






歴史めぐり源頼朝



東寺(教王護国寺)
リンクボタン東寺(教王護国寺)

 東寺(教王護国寺)は、桓武天皇によって平安京鎮護の官寺として創建された。
 のちに弘法大師に下賜され、我が国初の密教寺院となった。


京都市南区九条町1

JR京都駅八条口から徒歩15分
近鉄「近鉄東寺駅」下車徒歩10分



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時