鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



旧川喜多邸別邸
(旧和辻邸:鎌倉市)

編集:yoritomo-japan.com








旧川喜多邸別邸
旧川喜多邸別邸
(旧和辻邸)


 ヨーロッパ映画を日本に紹介した映画事業家・川喜多長政の別邸。

 川喜多長政は、1928年(昭和3年)に「東和商事」を設立し、社員だった「かしこ」と結婚。

 妻とともに「自由を我等に」「巴里祭」「会議は踊る」などを紹介した。

 1951年(昭和26年)には、社名を「東和映画」とし、「天井桟敷の人々」「第三の男」「禁じられた遊び」などを輸入・配給。

 旧川喜多邸別邸は、哲学者・和辻哲郎が居住していた建物を、和辻の死後、川喜多夫妻が移築したもの。

 海外からの映画監督や映画スターを迎える場として使用された。 



2024年春の一般公開

4月6日(土)・7日(日)
10:00〜16:00


2024秋の特別公開

 ?月?日(?)から?日(?)まで特別公開(有料)



春・秋の施設公開









旧川喜多邸別邸
旧川喜多邸母屋


川喜多長政 川喜多かしこ
川喜多夫妻


旧川喜多邸別邸
川喜多邸の板塀


旧川喜多邸別邸
現在の板塀





〜旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)の内部〜

旧川喜多邸別邸


旧川喜多邸別邸


旧川喜多邸別邸

この椅子のどれかにアラン・ドロンが座ったのだという。





旧川喜多邸別邸
リンクボタン









鎌倉市川喜多映画記念館
リンクボタン川喜多映画記念館
旧川喜多邸別邸リンクボタン石島邸


 旧川喜多邸別邸の下には母屋があったが、2000年(平成22年)4月1日、鎌倉市川喜多映画記念館として建て替えられた。

 近くの石島邸も川喜多夫妻が別邸として使用していた建物。


旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)・・・鎌倉(okadoのブログ)





旧川喜多邸別邸
旧川喜多邸別邸

鎌倉市雪ノ下2−2−12(窟小路)
0467(23)2500

鎌倉駅から徒歩10分


春・秋の施設公開


窟小路
リンクボタン窟小路



窟小路MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。








鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



紫式部 紫式部と越前国


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 日光東照宮