鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼりぼんぼり祭 観音四万六千日
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



北条義時やぐら
〜鎌倉のやぐら〜

編集:yoritomo-japan.com







北条義時やぐら


 鎌倉幕府二代執権北条義時法華堂跡から少し東に入った山腹に、「やぐら」が2穴あり、その1つが義時のやぐらとされている。

 義時の法華堂については、平成17年に発掘調査が行われ、義時法華堂の可能性が極めて高いとされている。

 すると、この「やぐら」はどうなのかということになる。

 『吾妻鏡』には、「頼朝の東の山上をもって墳墓となす」とあるが、果して、それが「法華堂跡」なのか、この「やぐら」なのか。


北条義時やぐら
やぐら内部
北条義時やぐら
三角に切られた天井

 鎌倉幕府、特に北条執権政治の基礎を築いたほどの人物が、「やぐら」に葬られたというのは少し無理がありそうな気がするが、古くより「よしときさん」と呼ばれてきたやぐらである。



北条義時やぐら 北条義時やぐら
義時やぐらの左側にあるやぐら



リンクボタン鎌倉のやぐらトップ






歴史めぐり源頼朝



法華堂跡
リンクボタン法華堂跡


鎌倉市西御門2丁目

鎌倉駅東口より徒歩15分




鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時