中世歴史めぐり

東日本大震災復興支援の
「おやこ地蔵」
〜信濃善光寺〜


編集:yoritomo-japan.com







木造地蔵菩薩立像


 善光寺の本堂右に建てられている地蔵堂には、2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災の被害者の追悼と復興を支援のためにするために製作された地蔵菩薩立像が安置されている。

 この地蔵菩薩立像は、津波で流された岩手県陸前高田市の高田松原の松を用いて作られた親子二体ずつの「おやこ地蔵」のうちの親地蔵一体。

 他の三体は、陸前高田市の普門寺に置かれている。


おやこ地蔵



歴史めぐり源頼朝



信濃善光寺
リンクボタン信濃善光寺

 信濃善光寺の本尊「一光三尊阿弥陀如来像」は、三国渡来の絶対秘仏で、日本最古の仏像。
 鎌倉時代には源頼朝も参詣したと伝えられている。


長野県長野市元善町491

JR長野駅からバス「善光寺大門」下車。
善光寺大門から本堂まで徒歩15分。



中世歴史めぐり