中世歴史めぐり

信濃善光寺の仁王門

編集:yoritomo-japan.com







善光寺仁王門

 信濃善光寺の仁王門は、1752年(宝暦2年)に創建されたが、1847年(弘化4年)の善光寺地震で焼失。
 1864年(元治元年)に再建されたが、1891年(明治24年)の火災により焼失した。

 現在の仁王門は、1918年(大正7年)に再建されたもの。
 高さ13.6メートル
 間口13メートル
 奥行7メートル

善光寺仁王門


善光寺定額山
定額山は善光寺の山号



〜仁王像〜

善光寺仁王像
阿形像
善光寺仁王像
吽形像

 仁王像の配置は、通常とは逆で、左側に阿形像、右に吽形像が置かれている。
 高村光雲と米原雲海による造立。


〜三宝荒神・三面大黒天〜

善光寺三面荒神
三面荒神
善光寺三面大黒天
三面大黒天

 仁王像の背後に置かれているのは、三宝荒神と三面大黒天(大黒天・弁財天・毘沙門天が合体した像)。
 仁王像同様に高村光雲と米原雲海による造立。







歴史めぐり源頼朝



信濃善光寺
リンクボタン信濃善光寺

 信濃善光寺の本尊「一光三尊阿弥陀如来像」は、三国渡来の絶対秘仏で、日本最古の仏像。
 鎌倉時代には源頼朝も参詣したと伝えられている。


長野県長野市元善町491

JR長野駅からバス「善光寺大門」下車。
善光寺大門から本堂まで徒歩15分。



中世歴史めぐり