鎌倉手帳(寺社散策)

足立神社源頼朝挙兵!  足立神社2020江の島灯籠  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

龍口明神社
=江島神社と夫婦=

編集:yoritomo-japan.com







龍口明神社


 龍口明神社は、552年(欽明天皇13年)、江ノ島弁財天の霊感に降伏した五頭龍を祀ったのが始まりという。

 津の鎮守。

 龍口明神社は、もともと龍口(たつのくち)の龍口寺の横にあって、1773年(安政2年)に龍口が片瀬村に編入されると、津村の飛び地として扱われてきた。

 1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊したが同地に再建されている。

 しかし、1978年(昭和53年)、氏子の要望で現在地に移された。

 60年に一度行われる江島神社の大祭で、この神社の神輿が江ノ島に渡る。


祭神 玉依姫命


龍口明神社旧社
龍口明神社の旧社(元宮)

龍口明神社旧社
龍口明神社の旧社(元宮)
龍口寺横)





☆伝説!江ノ島縁起☆

 昔、五つの頭を持つ龍が悪行を重ねていところ、弁財天が天から舞い降り、五頭龍を諭し悪行をやめさせた。

 五頭龍は天女に恋をし、天女は結婚を約束したという。

 藤沢の龍口山は、五頭龍が山に姿を変えてできたと伝わる。

 また、天女の天下りとともに出現した島が江ノ島と伝わる。

 参考:江島神社


江の島灯籠
リンクボタン江の島縁起



龍口明神社
経六稲荷社
龍口明神社庚申塔
庚申塔

 経六稲荷社の前の庚申塔は、もとは手広と津の境の庚申塚にあったもの。



okadoのブログ
江の島道(手広〜津〜腰越〜片瀬)






龍口明神社
龍口明神社

鎌倉市腰越1548−4
0467(32)0833

湘南モノレール「西鎌倉駅」より徒歩5分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
七里ヶ浜・腰越・片瀬

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時