鎌倉手帳(寺社散策)

紫式部 鎌倉の桜



徳川家康陣地跡
〜小田原征伐〜

編集:yoritomo-japan.com








徳川家康陣地跡の碑


 徳川家康陣地跡は、豊臣秀吉の小田原征伐徳川家康が陣を張った地。

 1590年(天正18年)2月10日、本多忠勝・鳥居元忠・井伊直政・大久保忠世・榊原康政など2万(3万とも)の兵を率いて出陣した家康は、4月4日、小田原に到着。

 小田原城東方の今井村の土豪・柳川和泉守泰久の屋敷に入った。

 今井に陣を構えた家康は、7月5日に北条氏直が降伏して小田原城を開城するまでの110日ほどを今井に留まっていたのだという。

 石碑は、1836年(天保7年)に建てられたもので、撰文は小田原藩七代藩主の大久保忠真。

 家臣の岡田左太夫光雄が揮毫した。


大久保忠真は、藩政改革に二宮尊徳を起用した人物で、大久保神社に祀られている。




今井権現神社
今井権現神社

 石碑の背後にあるのは、柳川和泉守泰久の子忠兵衛が創建したといわれる東照宮。



小田原征伐










徳川家康陣地跡
徳川家康陣地跡

小田原市寿町4ー14ー15

小田原駅から箱根登山バス 城東車庫前行
「今井」下車


小田原城
リンクボタン小田原城

小田原市城内6−1

小田原駅から徒歩10分



小田原城周辺をめぐる
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


韮山城址 北條五代祭り
興国寺城址 玉縄城址