奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:妙心寺の法堂

編集:yoritomo-japan.com







妙心寺法堂


  妙心寺の法堂は、入母屋造、一重裳階付きの建築物で、1656年(明暦2年)の建立(重文)。

 天井画の「雲龍図」は、狩野探幽が8年をかけて描いたという「八方睨みの龍」。
 
 堂内に置かれた梵鐘は「黄鐘調の鐘」と呼ばれ国宝。

 ケヤキの柱は、高さ8メートル、周囲2メートルで、富士山麓から運ばれたもの。


〜黄鐘調の鐘〜
(おうじきちょうのかね)

 「戊戌年(698年)筑前糟屋評造・・・」銘のある日本最古の鐘。

 その音色は、吉田兼好も『徒然草』の中で「黄鐘調の鐘」として絶賛している。

 廃寺となった浄金剛院から移されたもので、1973年(昭和48年)まで鐘楼に吊るされていたが、現在は保存のため法堂に置かれている。






妙心寺
リンクボタン妙心寺

 妙心寺は、花園法皇の離宮を禅寺に改めて開かれた寺。
 臨済宗妙心寺派大本山。


京都市右京区花園妙心寺町64

南門
JR嵯峨野線(山陰本線)「花園駅」下車
北門
京福電鉄北野線「妙心寺駅」下車



洛西エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時