奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

醍醐寺の清瀧宮本殿

編集:yoritomo-japan.com







醍醐寺清瀧宮本殿


 総鎮守清瀧権現(せいりゅうごんげん)を祀る社。

 清瀧権現は醍醐寺を守護する女神で、本地仏は准胝観音と如意輪観音。

 弘法大師(空海)が唐・長安の青龍寺から勧請した密教の守護神。

 上醍醐に祀られていたが、第14世座主・勝覚が、1097年(承徳元年)、山上と山下に分祀。

 現在の下醍醐の清瀧宮本殿は、1599年(慶長4年)の再建で重要文化財。

 上醍醐の清瀧宮拝殿は1434年(永享6年)の再建で国宝。


醍醐寺清瀧宮拝殿
リンクボタン清瀧宮拝殿







歴史めぐり源頼朝



醍醐寺
リンクボタン醍醐寺

 874年(貞観16年)創建。
 現存する堂宇は、桃山時代以降のものがほとんどだが、五重塔は952年(天暦6年)建立で府内最古の木造建築物。 


京都市伏見区醍醐東大路町22

京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」下車



洛南エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり