鎌倉手帳(寺社散策)

渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

喜多院鐘楼門

編集:yoritomo-japan.com







喜多院鐘楼門


 鐘楼門は、東照宮の門として建てられたと伝えられている(重要文化財)。

 現在、門の先は慈眼堂だが、かつてはそこに東照宮があったのだという。

 銅鐘は1702年(元禄15年)に鋳造されたもので、鋳物師は椎名伊予藤原重休。

 鐘楼門は、1638年(寛永15年)の川越大火に焼け残ったともいわれるが、細部意匠などから銅鐘が鋳造されたときの造営と考えられているらしい。 


喜多院鐘楼門







喜多院
リンクボタン喜多院

川越市小仙波町1−20−1

東武東上線・JR川越線「川越駅」から徒歩約20分
東武東上線「川越市駅」から徒歩約18分
西武新宿線「本川越駅」から徒歩約15分


小江戸川越歴史めぐり



川越歴史めぐり
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)