横 浜 観 光

渋沢栄一2021年の大河は「晴天を衝け」〜渋沢栄一〜  武士2022年の大河は「鎌倉殿の13人」〜北条義時〜

象の鼻防波堤
〜横浜港:象の鼻パーク〜

編集:yoritomo-japan.com







像の鼻防波堤


 1859年(安政6年)、横浜港が開港。

 像の鼻地区は、横浜港の発祥の地。

 大さん橋の付け根から、左手方向へ延びているのは「象の鼻」と呼ばれる防波堤。

 横浜港開港150周年にあたる2009年(平成21年)に明治期の防波堤が復元され、象の鼻パークとして開園した。





像の鼻パーク 像の鼻パーク

像の鼻パーク 像の鼻パーク







神奈川運上所跡
横浜神奈川運上所跡

 1859年(安政6年)、横浜開港に伴って関税業務や外交業務などをあつかう神奈川運上所が設けられ、庁舎は波止場の正面に建てられた。

 その後、名称が税関に改められ、1873年(明治6年)には、横浜税関の初代本庁舎が、さらに海側に建てられた。



〜横浜税関の本庁舎〜

初代横浜税関
初代
(1873年(明治6年)建築)

2代目横浜税関
2代目
(1885年(明治18年)建築)


 横浜税関の初代本庁舎は、1883年(明治16年)に神奈川県に譲渡され、2代目本庁舎は1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊した。

 現在の本庁舎は、3代目の建物で「クイーンの塔」と呼ばれている。


3代目横浜税関
横浜3代目
(1934年(昭和9年)建築)



日本大通り
横浜日本大通り

 日本大通りは、1870年(明治3年)に完成した横浜公園と像の鼻波止場を結ぶ街路。



鉄軌道と転車台
横浜鉄軌道及び転車台
(横浜税関遺構)
みなとを造った偉人たち
横浜標柱サイン


像の鼻防波堤
明治40年頃の象の鼻防波堤

 「象の鼻」という名は、上から見ると象の鼻に似ていることから付けられた。



山下臨港線プロムナード
横浜山下臨港線プロムナード

山下臨港線プロムナードは、赤レンガ倉庫と山下公園を結ぶ遊歩道。



大きな地図→横浜山下臨港線プロムナード






開港の道プロムナード
横浜開港の道プロムナード

 開港の道プロムナードは、桜木町駅前(汽車道)から新港地区→山下公園横浜人形の家→フランス橋→港の見える丘公園へ至る遊歩道。




横浜観光 YOKOHAMA


2021年の大河ドラマは・・・
渋沢栄一!

渋沢栄一

横浜で渋沢栄一


編集:yoritomo-japan.com