横 浜 観 光

汽 車 道
〜横浜みなとみらい21〜

編集:yoritomo-japan.com







汽車道


 汽車道は、1911年(明治44年)に敷設された旧横浜駅(現在の桜木町駅)と新港埠頭を結ぶ臨港線(税関線)の廃線跡を利用した約500mのプロムナード(参考:旧税関事務所遺構)。

 1997年(平成9年)の開通。

 2002年(平成14年)に設定された「開港の道プロムナード」の起点となっている。


臨港線は、1986年(昭和61年)廃線となった。





汽車道
港一号橋梁

 1909年(明治42年)、鉄道院によって架けられた橋。

 2連の30フィート鈑桁橋と100フィートの鋼プラット・トラス橋(クーパー型トラス橋)からなる。

 100フィートのトラス橋は港二号橋梁と同じアメリカン・ブリッジ・カンパニーで制作されたもの。

 横浜市認定歴史的建造物。


汽車道
港二号橋梁


 1907年(明治40年)、アメリカン・ブリッジ・カンパニーの制作で、1909年(明治42年)に架けられた100フィートの複線トラス橋。

 重量機関車の出現により、それまでのイギリス系トラス橋に代わって、明治30年代から主流となったアメリカ系トラス橋の貴重な遺構。

 横浜市認定歴史的建造物。


汽車道
港三号橋梁
(旧大岡川橋梁)

 大岡川橋梁は、1906年(明治39年)に架設された北海道の夕張川橋梁と、1907年(明治40年)に制作された総武鉄道江戸川橋梁を転用し、3連の100フィート・ポニー型ワーレン・トラス橋として、1928年(昭和3年)に旧生糸検査所引込線に架設された。

 港三号橋梁は、そのうちの旧夕張川橋梁の橋長を短縮して1997年(平成9年)に架設されたもの。イギリス系トラス橋の貴重な遺構。

 横浜市認定歴史的建造物。



汽車道 汽車道
ナビオス横浜
を貫く汽車道







開港の道プロムナード
横浜開港の道プロムナード

 開港の道プロムナードは、桜木町駅前(汽車道)から新港地区→山下公園横浜人形の家→フランス橋→港の見える丘公園へ至る遊歩道。


横浜赤レンガ倉庫
横浜旧税関事務所遺構

 赤レンガパークにある1914年(大正3年)に建設された税関事務所の遺構。
 1923年(大正12年)の関東大震災で床や屋根が焼失したため埋め戻されていたもの。
 赤レンガパークには、旧横浜港駅のプラットホームも復元・保存されている。





横浜みなとみらい21
横浜横浜みなとみらい21

ランドマークタワーから汽車道を通って赤レンガ倉庫まで。



大きな地図→横浜みなとみらい地区MAP






横 浜 観 光 YOKOHAMA


編集:yoritomo-japan.com