鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:新型コロナウィルスの影響によるイベント等の開催の有無

天 満 宮
=上町屋の鎮守=

編集:yoritomo-japan.com







天満宮


 天慶年間(938〜947年)、上総介平良文が霊夢により天神を祀ったのがはじまりとされる。

 社殿は天明元年(1781年)の再建、石造鳥居は天保11年(1840年)の建立。

 かつては、近くの泉光院が管理していた。正月に泉光院から御幣を受けて祀る習慣が今も続けられている。

 寛文10年(1670年)銘の庚申塔は、鎌倉市の有形民俗文化財に指定されている。


祭神 菅原道真





〜平良文〜

 平良文は、畠山、千葉、上総などの坂東八平氏の祖。

 平将門と同盟関係にあったともされるが詳細は不明。

 藤沢市村岡に居館があったとされる(参考:村岡御霊神社(藤沢市宮前))。



天満宮庚申塔

 庚申塔横の菅原道真の石像は、1712年(正徳2年)に造られたもので、もとは洲崎神社(北野神社)のご神体だったともいわれている。


鎌倉幕府滅亡の古戦場〜山崎と上町屋の散策〜(okadoのブログ)







天満宮
天満宮

鎌倉市上町屋616

湘南モノレール「湘南町屋駅」より徒歩10分



〜手広・笛田・梶原・寺分・上町屋・山崎の史跡巡り〜
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時