中世歴史めぐり

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



雲 光 院
〜阿茶局の墓所〜


編集:yoritomo-japan.com








雲光院


 雲光院(うんこういん)は、1611年(慶長16年)、徳川家康の側室・阿茶局の発願により建立された浄土宗の寺。

 開山は増上寺の潮呑。

 本尊は阿弥陀如来。

 創建当初は日本橋馬喰町にあったが、大火で焼失したため1657年(明暦3年)に神田岩井町に移転し、1682年(天和2年)に現在地に移転した。

 徳川家や江戸幕府からの保護を受け、盛時は19もの塔頭を擁する大寺院だったのだという。

 境内には阿茶局の宝篋印塔がある。



阿茶局の宝篋印塔
阿茶局の宝篋印塔


 阿茶局は甲斐武田氏の家臣・飯田直政の娘。

 駿河今川氏の家臣・神尾忠重と結婚して一子をもうけたが、夫の死後は徳川家康に仕えた。

 馬術に優れ、戦場にも同行し、小牧・長久手の戦いの際には戦場で流産して子を産めない身体になってしまったのだという。

 大坂冬の陣では、和議の使者となった。

 二代将軍徳川秀忠の生母西郷局が亡くなると、秀忠の養育を任されている。

 晩年の家康は江戸城から駿府城に移るが、その時、側室の中で唯一連れて行ったのが阿茶局だったのだとか・・・

 家康の死後、江戸に移り、秀忠の娘和子が後水尾天皇に入内する際には母親の代わりを務め、後水尾天皇からは従一位を授けられ神尾一位・一位の尼と呼ばれたのだという。

 1637年(寛永14年)、死去(83歳)。

 戒名は雲光院殿従一位尼公正誉周栄大姉。





京都:上徳寺
リンクボタン上徳寺
(京都)

 上徳寺は、紫式部の『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルともいわれる源融(みなもとのとおる)の邸宅があった場所。

 徳川家康が阿茶局を開基として建立したのだという。









雲光院
雲光院

東京都江東区三好2−17−14

都営地下鉄・東京メトロ「清澄白河駅」から徒歩10分



雲光院
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。





中世歴史めぐり


徳川家康


徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮