「青天を衝け」渋沢栄一

藍香尾高翁頌徳碑
~下手計の鎮守鹿島神社~
『青天を衝け』渋沢栄一


編集:yoritomo-japan.com







鹿島神社


 鹿島神社は、尾高惇忠の生家がある下手計の鎮守。

 天慶年間、平将門追討の際、清和源氏の祖源経基の家臣竹幌太郎がこの地に布陣し、祀ったのだと伝えられている。

 以後、武門の守護として崇敬され、深谷上杉氏も戦勝を祈願したのだという。

 祭神は武甕槌命 (たけみかづちのみこと)。


鹿島神社の額
渋沢栄一揮毫

鹿島神社の額
尾高次郎揮毫

 尾高次郎は、尾高惇忠の子。

 渋沢栄一の下で銀行家として活躍し、武州銀行(現在のりそな銀行)を設立している。





藍香尾高翁頌徳碑
渋沢青淵翁喜寿碑

 1909年(明治42年)に渋沢栄一らによって建てられた尾高惇忠の人となりや業績を伝える碑。

 碑の題字は、徳川慶喜の揮毫。

 碑文は三島毅。

 書は日下部東作。



尾高惇忠の生家
リンクボタン尾高惇忠生家


2021年の大河ドラマは・・・
渋沢栄一


渋沢栄一生誕地 青天を衝け

東京で渋沢栄一

横浜で渋沢栄一







鹿島神社
鹿島神社

埼玉県深谷市下手計1145



渋沢栄一生誕地
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。




2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人~宿老13人の合議制~

北条義時