「青天を衝け」渋沢栄一

法務省赤れんが棟
深谷のレンガを使用した建物
『青天を衝け』渋沢栄一


編集:yoritomo-japan.com







法務省赤れんが棟


 法務省の旧本館は、ドイツの建築家エンデとベックマンを招聘して、1895年(明治28年)に竣工した建築物。

 基本設計はエンデとベックマン。

 実施設計と工事監理は河合浩蔵。

 使用された煉瓦は、渋沢栄一が設立した日本煉瓦製造が製造したもの。

 1923年(大正12年)の関東大震災では大きな被害はなかったが、1945年(昭和20年)の東京大空襲では、レンガ壁とレンガ床を残して焼失。

 戦後、1950年(昭和25年)までに改修され、法務省の本館として使用されてきたが、屋根材等に変更が加えられたものだった。

 1991年(平成3年)、創建当初の姿に復原する工事が始められ,1994(平成6年)に完成。

 同年、「赤れんが棟の外観」が国の重要文化財に指定されている。



日本煉瓦製造:旧事務所
リンクボタン日本煉瓦製造
(深谷市:旧煉瓦製造施設)

 法務省旧本館に使用されたレンガを製造した日本煉瓦製造株式会社は、明治政府の近代的な官庁街や鉄道等を整備するという意向により、渋沢栄一らによって設立された。


2021年の大河ドラマは・・・
渋沢栄一


渋沢栄一生誕地 青天を衝け

東京で渋沢栄一

横浜で渋沢栄一







法務省

東京都千代田区霞が関1-1-1



渋沢栄一めぐり東京
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。




2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人~宿老13人の合議制~

北条義時