横 浜 観 光

氷 川 丸
〜横浜:山下公園〜

編集:yoritomo-japan.com







氷川丸


 氷川丸は、1930年(昭和5年)、日本郵船が最新鋭大型ディーゼル機関を搭載して建造したシアトル航路用の貨客船。

 「北太平洋の女王」と呼ばれた大型客船には、秩父宮ご夫妻、チャーリー・チャップリンなどが乗船した。

  1960年(昭和35年)に引退。

 山下公園前へ係留された。

 国の重要文化財。

 氷川丸が建造された場所は、かつて横浜にあった横浜船渠(よこはませんきょ)。

 1889年(明治22年)に地元財界人と渋沢栄一が設立した造船所で、現在は二基の船渠が残され、そのうちの一つに日本丸が係留されている。


氷川丸

全長163.3m
船幅:20.12m
総トン数:11,622トン
最高速力:18.38ノット
船客定員:289名


氷川丸


横浜で渋沢栄一






〜博物館〜

氷川丸
操舵室

 約30年の航行を終えた氷川丸は、博物館船として公開されている。

 当時の日本の造船技術や、船内のアールデコ様式のインテリアなどは貴重な産業遺産。

 船名は、さいたま市大宮区の氷川神社に由来するもので、現在も氷川神社が祀られている。


氷川丸
氷川神社


開館時間
10:00〜17:00
(入館は16:30まで)

休館日
月曜日
(祝日の場合は開館、翌平日休館)


参考:横浜日本郵船歴史博物館


日本郵船氷川丸〜横浜観光〜(okadoのブログ)






みなとみらい線「元町・中華街駅」
4番出口徒歩3分



山下公園
横浜山下公園

 山下公園は、関東大震災の瓦礫を埋め立てて作られた公園。
旧横浜港駅プラットホーム
横浜旧横浜港駅
プラットホーム

 氷川丸に接続するためのボート・トレインが乗り入れていた横浜港駅。







横 浜 観 光 YOKOHAMA


編集:yoritomo-japan.com