横 浜 観 光

渋沢栄一2021年の大河は「晴天を衝け」〜渋沢栄一〜  武士2022年の大河は「鎌倉殿の13人」〜北条義時〜

大佛次郎記念館
〜港の見える丘公園〜

編集:yoritomo-japan.com







大佛次郎記念館


 大佛次郎は横浜生まれの小説家。

 記念館は、その没後、遺族から蔵書や遺品の寄贈を受けて、1978年(昭和53年)5月1日に開館した。

 館内には大佛次郎が収集した文献や雑誌、愛用品などの資料が展示されている。
 
 港の見える丘公園は、「霧笛」や「帰郷」などの作品の舞台となった場所。





〜鎌倉を愛した大佛次郎〜

 大佛次郎の本名は野尻清彦。

 ペンネームの大佛は、鎌倉大仏の裏に住んでいたことに由来するという。

 1964年(昭和39年)、鶴岡八幡宮の裏山(御谷)の宅地開発では、地元住民とともに開発阻止の運動を起こし、古都保存法制定のきっかけをつくった。


大佛次郎茶亭
横浜大佛次郎茶亭
(野尻邸)



観覧時間
4〜9月 10:00〜17:30
(入館は17時まで)
10〜3月 10:00〜17:00
(入館は16時30分まで)

観覧料
大人200円(150円)
小・中学生100円(80円)
( )内20人以上の割引料金

毎月第2・第4土曜日は高校生以下無料

毎月23日は「市民の読書の日」につき、高校生以下無料







港の見える丘公園
横浜港の見える丘公園

横浜市中区山手町114

みなとみらい線
「元町・中華街駅」出口「6」徒歩5分

JR石川町駅下車徒歩20分






横浜観光 YOKOHAMA


2021年の大河ドラマは・・・
渋沢栄一!

渋沢栄一

横浜で渋沢栄一


編集:yoritomo-japan.com