「青天を衝け」渋沢栄一

薬師堂の水藩烈士弔魂碑
『青天を衝け』渋沢栄一


編集:yoritomo-japan.com







天狗党弔魂碑と石地蔵


 血洗島の薬師堂は、岡部藩に討伐された天狗党浪士2名が葬られた地。

 二人を不憫に思った村人たちが埋葬したのだという。

 薬師堂の横にある水藩烈士弔魂碑は、1918年(大正7年)に渋沢栄一撰・書により建立されもの。

 碑の隣にある石地蔵は、1860年(安政7年)に東の家三代目の渋沢宗助らにより建立されたもの。


~天狗党と渋沢栄一~

 天狗党は、水戸藩の尊王攘夷派のこと。

 1864年(元治元年)3月、筑波山で挙兵した天狗党の中心だったのは藤田小四郎。

 小四郎は、水戸藩九代藩主徳川斉昭に登用され幕政改革を行った藤田東湖の子。

 渋沢栄一とも江戸で会見しているのだという。

 当時、栄一は天狗党に参加しようと考えていたが、周囲に止められ果たせなかったのだとか。



2021年の大河ドラマは・・・
渋沢栄一


渋沢栄一生誕地 青天を衝け

東京で渋沢栄一

横浜で渋沢栄一







薬師堂
薬師堂

埼玉県深谷市血洗島



渋沢栄一生誕地
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。




2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人~宿老13人の合議制~

北条義時