横 浜 観 光

東海道神奈川宿

編集:yoritomo-japan.com







神奈川宿


 神奈川宿は、日本橋から3番目の東海道の宿場町。

 かつての神奈川区台町あたりは、 神奈川湊を見下ろす東海道でも屈指の景勝の地。

 1854年(安政元年)の神奈川条約(日米和親条約)締結の舞台となった。





台の茶屋
台の茶屋

 神奈川区台町あたりは、神奈川の台と呼ばれていた。

 弥次喜多道中で知られる『東海道中膝栗毛』には、 「ここは片側に茶店軒をならべ、 いづれも座敷二階造、欄干つきの廊下桟などわたして、 浪うちぎはの景色いたってよし」とある。



〜坂本龍馬の妻おりょうが働いていた
料亭田中家〜


神奈川宿の田中屋
かつての田中屋

 神奈川宿が賑わっていたことから続いているのが1863年(文久3年)の創業の料亭の「田中家」。

  「田中家」の前身は「さくらや」で、安藤広重の東海道五十三次にも描かれた。

 高杉晋作やハリスなども訪れたといわれ、坂本龍馬の妻おりょうが働いていたという。

 1874年(明治7年)、勝海舟の紹介で働き始めたおりょうは、英語が話せたことから外国人の接待に諜報されたという。


神奈川宿の田中屋
現在の田中屋



参考・・・
横浜神奈川台の関門跡







横 浜 観 光 YOKOHAMA


編集:yoritomo-japan.com