横 浜 観 光

關 帝 廟
〜横浜中華街〜

編集:yoritomo-japan.com







關帝廟(横浜中華街)


 關帝廟の主神は關聖帝君。
 三国志で知られる關羽を神格化したもの。

 1862年(文久2年)、一人の中国人が、關羽の木像を祀ったのをはじまりとするといわれ、1886年(明治19年)の大改築によって、見る者の目を眩わすほどの廟が完成したという。

 その後、初代の建物は1923年(大正2年)の関東大震災で焼失、二代目の建物が建てられるが、1945年(昭和20年)の戦火で焼失した。

 翌年には三代目が建てられるが、1986年(昭和61年)の火災により焼失している。

 現在の建物は、1990年(平成2年)の建物で四代目。





關帝廟(横浜中華街) 關帝廟(横浜中華街)

關帝廟(横浜中華街)

關帝廟(横浜中華街) 關帝廟(横浜中華街)

關帝廟(横浜中華街)

關帝廟(横浜中華街) 關帝廟(横浜中華街)






〜關帝廟通りの牌楼(ぱいろう)と會芳亭〜

關帝廟(横浜中華街)
天長門(東)
關帝廟(横浜中華街)
地久門(西)

會芳亭(横浜中華街)
横浜會芳亭



關帝廟(横浜中華街)
關帝廟

神奈川県横浜市中区山下町140

JR京浜東北根岸線
「石川町駅」中華街口下車徒歩6分

JR京浜東北根岸線
「関内駅」南口下車徒歩10分

みなとみらい線
「元町中華街駅」下車徒歩5分





横浜中華街
横浜横浜中華街


大きな地図→横浜横浜中華街MAP






横 浜 観 光 YOKOHAMA


編集:yoritomo-japan.com