横 浜 観 光

渋沢栄一2021年の大河は「晴天を衝け」〜渋沢栄一〜  武士2022年の大河は「鎌倉殿の13人」〜北条義時〜

横浜:外国人墓地

編集:yoritomo-japan.com







外国人墓地


 1854年(安政元年)2月、日米和親条約(神奈川条約)を締結するため来日していたペリー率いるアメリカ海兵隊。

 ペリーは、マスト上から誤って転落死した水兵ロバート・ウィリアム(24歳)を、増徳院(現在、南区にある仏教寺院)の境内に葬った。

 それが外国人墓地の由来だという。

 横浜開港後は、遺留外国人の葬地となり、生麦・井土ヶ谷事件の被害者や、ワーグマン、モレル、ヘールツなど日本文化に貢献した人物が眠っている。





外国人墓地 外国人墓地


外国人墓地

外国人墓地
横浜市中区山手町96







横浜開港資料館
横浜横浜開港資料館

 1854年(嘉永7年)に締結された日米和親条約(神奈川条約)は、横浜開港資料館が建てられている地で行われた。





大きな地図→横浜山手散策MAP






横浜観光 YOKOHAMA


2021年の大河ドラマは・・・
渋沢栄一!

渋沢栄一

横浜で渋沢栄一


編集:yoritomo-japan.com