捨苗栽培地跡
〜二宮尊徳〜


編集:yoritomo-japan.com







捨苗栽培地跡


 1802年(享和2年)の酒匂川大洪水の翌年、二宮尊徳(金次郎)は、捨てられている植え残りの苗を、この場所を耕して植え付けた。

 金次郎が丹精こめて育てた結果、秋には、籾一俵の収穫を得ることができたという。



積小為大

 金次郎は、行燈の油代を稼ぐために荒地に菜種を植えた経験や、捨てられていた苗を植えて育てた経験から、小さな努力の積み重ねが大切(積小為大)ということを学んだという。

 参考:油菜栽培地跡


日本米づくり100選の水田
日本の米づくり100選の水田

 捨苗栽培地跡の水田は、地元小学生の体験学習の場として利用されている。
 平成3年に「日本の米づくり100選」に定められた。







二宮金次郎像
リンクボタン二宮尊徳(金次郎)


〜松苗植栽地跡〜
小田急線栢山駅下車
徒歩約10分



限りある農地を大切に!
今農業は何を目指すべきか・・・

農地制度